【2019年】博多でインプラントするなら!口コミで評判の凄腕歯科TOP5

博多でインプラント治療する前に!入れ歯とインプラントを比較

博多でインプラント治療する前に!入れ歯とインプラントを比較

入れ歯は保険が適用される治療

一口に入れ歯といってもさまざまな種類があり、大きくわけると保険のかからない自費作成の入れ歯と、保険が適応される入れ歯の2つにわけることができます。保険が適応される入れ歯は、治療費を抑えることができますが人工の歯と歯茎の土台に使用する素材が、プラスチックやレジンなどの樹脂製のものという決まりがあります。また部分入れ歯の場合には、留め具は金属しか使用することができません。

入れ歯は治療が短期間で利用しやすい

入れ歯はインプラントと比べると、治療期間が短く歯やあごの骨を削ることがないので治療も簡単です。また取り外すことができるため、入れ歯をケアも比較的楽です。保険対象となる入れ歯を選択すれば、治療費も安く済む・痛みがほとんどないことからインプラントではなく入れ歯を選択する患者さんも多いです。

インプラントは健康な歯への影響が少ない

歯がなくなったところに人工の歯を入れる方法は、入れ歯のほかにブリッジという方法があります。この方法は歯がない部分の両脇の歯を削って、人工の歯をかぶせます。そのため周辺の健康な歯まで傷つけてしまいますが、インプラントの場合はあごの骨に固定するため、周囲の自然な歯や健康な歯を傷つけずに人工の歯を入れることができます。